18年のGDP成長率6.2% 6%以上維持、過去3年で最低も

フィリピン統計庁(PSA)は24日、2018年の実質国内総生産(GDP)成長率(速報値)が、前年比6.2%だったと発表した。7年連続で6%以上を維持したが、7~8%の成長を掲げた政府目標を下回り、前年の6.7%から減速した。インフレ圧力による消費の頭打ちや輸出が伸び悩んだ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地の現金自動預払機(…(02/20)

新車販売のマイナス成長続く 1月は15%減の2.7万台(02/20)

トヨタの新ハイエース、比で世界初披露(02/20)

現代自の1月販売5%減、通年は楽観視(02/20)

19日為替:$1=52.210ペソ(↑)(02/20)

家電コンセプション、18年はペソ安で減益(02/20)

韓進のスービック造船所、操業を停止(02/20)

クラーク空港、18年旅客は過去最高266万人(02/20)

NAIA2の改修工事、来年3月に完了(02/20)

マランパヤガス田、18年生産は過去最高(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン