中国重汽、済南市で自動運転バスを実験

山東省済南市を本拠とする商用車メーカー、中国重型汽車集団(中国重汽)は22日、同市で第5世代(5G)移動通信システムを利用した自動運転バスの実験を行った。22日付中国新聞社電などが伝えた。 済南市は22日から、同市のハイテク産業団地、済南高新技術産業開発区内の一部道…

関連国・地域: 中国-山東
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

貧困層への少額融資後押し、銀保監会が指示(13:43)

米相殺関税は不当、太陽光で中国主張認める(07/18)

テイクオフ:コンサル業を営む友人と…(07/18)

19年のGDP成長率2%に 中経院、予測値を下方修正(07/18)

高速道路建設、米企業が財務アドバイザーに(07/18)

越からのTV輸入37倍に激増 韓大手が輸入シフト、業界が危惧(07/18)

「米の対中相殺関税は不当」 WTOが判断、中国商務省は歓迎(07/18)

ラーガン、車載用レンズ市場から撤退か(07/18)

タイCPの養鶏など投資12件・恩典9件を認可(07/18)

アクレダ銀、銀聯国際と非接触型デビカ発行(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン