高架式LRTは建設費かかりすぎ、副大統領

インドネシアのユスフ・カラ副大統領は「高架式の軽量軌道交通(LRT)は建設費がかかりすぎ」と述べ、コストを削減できる方式を検討するよう技術者に要請した。ジャカルタ・ポストが23日伝えた。 カラ副大統領は21日、ジャカルタで開催された技術者の集まりで「運輸省によると…

関連国・地域: インドネシア米国中東欧州
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

デポック市、条例改正で車庫所有を義務化へ(14:17)

メイカルタ事業、第1期は21年に完工へ(13:40)

テイクオフ:冗談好きのインドネシア…(06/25)

ガイドウェイバスの導入検討 新交通機関で渋滞解消、運輸省(06/25)

エアアジア、8月に国内線5路線が就航(06/25)

20年の統一地方選挙、9月23日に実施予定(06/25)

アールシー、防災情報事業の基礎調査を開始(06/25)

東南アのEC市場、急成長も宅配に課題(06/25)

観光特区4カ所のインフラ開発に1兆円超(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン