• 印刷する

鴻海、1Qの中国人材需要は5万人

EMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手の鴻海精密工業は22日、2019年第1四半期(1~3月)は中国の工場でおよそ5万人の従業員を募集すると発表した。米アップルのスマートフォン製造の最大拠点である中国河南省鄭州の工場で10万人規模の人員削減が進んでいるという報道を受け、公告で反論した形。

23日付経済日報によると、鴻海は同日、「モノのインターネット(IoT)技術を活用して生産の自動化を図るほか、従業員の育成と技能の向上に注力し、世界の顧客の需要に合わせて、各地の人員配置を調整している」と説明した。

鴻海は世界各地に200社余りの子会社を有しており、17年末のグループ全体の従業員数は98万8,000人で、前年(季節調整済みで87万3,000人)を上回った。ただ14年(106万1,000人)と15年(100万人)はいずれも100万人以上の人員を配していた。


関連国・地域: 中国台湾
関連業種: その他製造IT・通信雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅マンションのエレベ…(07/22)

中国人客の訪台に急ブレーキ 6月、エバー航空のスト影響(07/22)

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/22)

高速バスのウィラー、東南アジア展開を加速(07/22)

エバー航空の上期旅客微増、スト響く(07/22)

研華、日本ラッドと医療IoT市場開拓へ(07/22)

サンマ漁獲枠導入で初合意、資源回復へ前進(07/22)

LEDの栄創、米クリーとライセンス契約(07/22)

中華汽車が電動二輪新車投入、ゴゴロに対抗(07/22)

遠伝がゴゴロと協業強化、割引サービス提供(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン