• 印刷する

テイクオフ:日本から遠く離れ、気軽…

日本から遠く離れ、気軽に一時帰国ができない上、日本の商品の流通も限定的な当地。出張者の「日本で何か買っていく物はありますか」という言葉ほど心強いものはない。

一番有り難いのは食品だが、わざわざ持参してもらってもすぐになくなり、食べ終わった後の寂しさを考えると、頼むのをためらいがち。かさばる物は避け、購入に手間がかかる物もNG、などと熟考を重ねた結果、今回は電子レンジで加熱するタイプの湯たんぽをリクエストした。3分程度の加熱で効果は数時間。就寝時だけでなく、自宅にいる間は欠かせない存在になっている。

結局のところ、重宝するのは日々の生活を豊かにしてくれる、日本ならではの機能性商品やアイデア商品なのだろうか。巨大なインド消費市場を狙い日本企業の動きが活発化している昨今、こうしたシンプルな発想が市場攻略のヒントになるかもしれない。(中)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:冷戦時代、日本と欧州の…(07/17)

上期の住宅販売は22%増 回復基調続く、供給の6割が低価格(07/17)

現代自、EV事業に200億ルピーの投資計画(07/17)

18年度農産品輸出額、7月初旬まで11%増(07/17)

電動二輪ヒーロー、南部で工場設置を計画(07/17)

印企業の景況感、6月は過去最低水準に低下(07/17)

6月の卸売物価は2%上昇、2カ月減速(07/17)

貿易赤字、6月は152.8億ドルに低下(07/17)

インド企業、気候変動のリスクを懸念(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン