• 印刷する

テイクオフ:日本から遠く離れ、気軽…

日本から遠く離れ、気軽に一時帰国ができない上、日本の商品の流通も限定的な当地。出張者の「日本で何か買っていく物はありますか」という言葉ほど心強いものはない。

一番有り難いのは食品だが、わざわざ持参してもらってもすぐになくなり、食べ終わった後の寂しさを考えると、頼むのをためらいがち。かさばる物は避け、購入に手間がかかる物もNG、などと熟考を重ねた結果、今回は電子レンジで加熱するタイプの湯たんぽをリクエストした。3分程度の加熱で効果は数時間。就寝時だけでなく、自宅にいる間は欠かせない存在になっている。

結局のところ、重宝するのは日々の生活を豊かにしてくれる、日本ならではの機能性商品やアイデア商品なのだろうか。巨大なインド消費市場を狙い日本企業の動きが活発化している昨今、こうしたシンプルな発想が市場攻略のヒントになるかもしれない。(中)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

トヨタ中古店で「新車」販売 スリランカ、日本製が人気(02/22)

二輪ロイヤルのスト、労使交渉が不調に(02/22)

高品質鉄鋼のBIS認証義務化、4月に延期(02/22)

トラクターのソナリカ、1月輸出台数が倍増(02/22)

東電PG、ダッカ電力と変電所コンサル契約(02/22)

太陽光発電設備の総容量、18年末は28GW(02/22)

サウジ皇太子、1千億ドルの投資を示唆(02/22)

4~12月のFDI流入、7%減の335億ドル(02/22)

長城汽車、インドに子会社設立(02/22)

消費者信頼感、2月は0.9ポイント低下(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン