• 印刷する

テイクオフ:マレー半島を北上する高…

マレー半島を北上する高速道路沿いのサービスエリアで日本の自動販売機に出くわした。お金の投入口は現地対応の読み取り機に取り替えられ、「緑のランプは購入可」「『売切れ』は在庫なし」などの説明が英語で貼られていた。

日本で使われなくなったものが、東南アジアや南アジアで日の目を見ることは多い。バングラデシュでは町中を走る自動車の約9割は日本からの中古車だ。輸入に車齢制限が設けられているため、後発国とはいえ、車体がきれいなAT(オートマチック)車が行き交っている。

インドネシアでは、同国の警察の要請で日本の柔道が長く指導されてきた。そのため、日本からまだ着用できる柔道着が送られ、日本の学生の名札が縫い付けられたままで汗を流すインドネシア人もいる。ビジネスであっても、寄付であっても、日本製の再生を見かける度に少し鼻が高くなる。(丑)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中学時代は陸上部に入り…(06/01)

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(06/01)

経済活動の100%再開を勧告へ 感染1桁台が1週間なら、保健省(06/01)

新規感染57人、外国籍は43人(06/01)

与党がマハティール氏ら除籍、国政不安定に(06/01)

RM1=24.7円、$1=4.35RM(5月29日)(06/01)

トイエイト、知育事業で資金調達(06/01)

セブン―イレブン、コロナ禍も1Qは増収増益(06/01)

AD調査を半年延長、日米などの合成樹脂(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン