• 印刷する

地銀5行が食品商談会、15社が売り込み

八十二銀行をはじめとする地銀5行が、香港で食品商談会を開催=25日、HKCEC(NNA撮影)

八十二銀行をはじめとする地銀5行が、香港で食品商談会を開催=25日、HKCEC(NNA撮影)

八十二銀行(長野市)をはじめとする地銀5行などは25日、日本から香港への食品輸出促進を狙った商談会を香港で開いた。5行が本拠を置く長野、山形、埼玉、徳島、宮崎などの食品関連企業15社が出展し、農水産物や加工食品などを香港のバイヤー約30社に売り込んだ。

商談会は八十二銀行のほか、山形銀行(山形市)、武蔵野銀行(さいたま市)、阿波銀行(徳島市)、宮崎銀行(宮崎市)と長野県、長野県中小企業振興センター、山形県国際経済振興機構が主催。9回目の今回は、香港島・湾仔の香港会議展覧中心(コンベンション・アンド・エキシビションセンター、HKCEC)のセミナールームで開いた。

パックすし用ミニしょうゆを販売する大石屋(埼玉県鴻巣市)は、欧州各地で取引しているがアジアでの取引を目指すのは初めて。食へのこだわりが強い客層の多い香港を選んだ。齊藤覚社長は「すしは世界中で食べられるようになったが、本物のしょうゆがあってこそだ。日本を代表する食文化のすしをおいしく食べてもらいたい」と意気込んだ。

2回目の参加となるお茶の沢田園(鹿児島市)は、有機緑茶などを出品。澤田正義社長は「前回出会ったバイヤーとの協業が進んでいる」と香港での販路拡大に意欲を示した。

来場した香港のバイヤーは「香港だけでなく中国本土やマカオへの販売も視野に入れ取引したい」と述べた。

八十二銀行の島村靖明香港支店長は「このような取り組みを継続的に続けることで、日本の地域のブランド化を進めていきたい」と今後も定期開催を続ける意向を示した。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産金融小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

香港中小企業の未回収金、昨年133億ドルに(16:53)

香港と本土の薬品当局が協定 大湾区での認証、巨大市場に期待(05/23)

香港の優遇措置、6月にも発表=韓正副首相(05/23)

タンタビン工業団地開発、土地調査を開始(05/23)

香港の駐在員コスト、18年は6位に後退(05/23)

香港の若者、注目ブランドは微信支付(05/23)

家具の敏華、米向け生産をベトナムに移管(05/23)

反発、米中関係の緊張後退で=香港株式(05/23)

軽食チェーンの太興、6月に香港上場へ(05/23)

コカ・コーラ、環境保護と健康分野に注力(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン