• 印刷する

テイクオフ:海南島産のコーヒー粉を…

海南島産のコーヒー粉を手に入れた。東南部の農園で有機栽培された豆をひいたもので、地元の特産品の一つ。中国のコーヒー産地といえば雲南が比較的有名だが、海南でも50年代から栽培が行われてきた。

雲南では世界的に主流のアラビカ種を生産しているのに対し、海南産は東南アジアに多いロブスタ種。一般にロブスタ種は苦みが強く、香りもアラビカ種に劣るとされ、インスタントコーヒーや缶コーヒーの原料になることが多いという。日本ではもちろん、中国国内でもストレートで飲む機会はなかなかないレア物だ。

60年に海南を視察した周恩来は「外国のコーヒーもたくさん飲んだが、やはり自国の物が一番うまい」と絶賛したとか。そんなうんちくを添えられた身近な産地のロブスタ種は、コーヒー通から「麦茶のよう」とからかわれる風味すらも味わい深く思えた。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

サムスン、折り畳みスマホ発表 大手では初、4月に発売へ(02/22)

大湾区綱要のシンポ開催 構想の可能性や取り組みを説明(02/22)

「じゃぶじゃぶの金融緩和」否定、李首相(02/22)

東莞の固定資産投資、5年で1兆元規模へ(02/22)

所得拡大に目標値、約20省区市が設定(02/22)

米中、決着へ6覚書作成(02/22)

中国企業の海外投資、1月は92億ドル(02/22)

規制サンドボックス、年内に100件以上選定(02/22)

ララムーブ、シリーズDで3億ドル資金調達(02/22)

銀行各行、大湾区地域で新事業模索(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン