• 印刷する

テイクオフ:友人がプロトンのスポー…

友人がプロトンのスポーツタイプ多目的車(SUV)「X70」を初めて見たと意気揚々にフェイスブックに投稿していた。地元紙を賑わせる注目の新車は、やはり国民の関心も高いよう。既に2,000台が納車されているため、公道で目にする日も近いだろう。

プロトンがSUVを投入したかと思えば、もう一方の国民車メーカー、プロドゥアも即座に発売。排気量や仕様は異なるものの、世界的なSUV人気がマレーシアにも飛び火しているといえそうだ。

今後気になるのは、どこに軍配が上がるか。高性能でこれまでのイメージとは一線を画すプロトンか、お手頃価格が魅力のプロドゥアか。はたまた日系を含む外資が底力を見せるのか。「手を伸ばせば買える値付け」「大家族には7人乗り」を評価項目に、「とにかく乗ってみたい」顧客を囲い込むとみてプロドゥアに一票を投じたい。(理)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

ECRL交渉、中国高官がマレーシア訪問へ(02/22)

パンダ債発行で中国と交渉中=財務相(02/22)

1月の新車販売、SUVが7割増 プロトンが2位のホンダに肉薄(02/22)

NLCCN、ハラル物流で地場と覚書(02/22)

RM=27.1円、$=4.07RM(21日)(02/22)

ホンダ、ジャズなど2車種で限定モデル発売(02/22)

サクラファインテック、地域拠点開設(02/22)

NTT、豪メガポートとクラウドで戦略提携(02/22)

東海岸鉄道事業、中国側は費用削減を提案(02/22)

グラブ、政府の業界規制混乱にいらだち(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン