鉄鋼大手、燃料電池車用素材に注力

韓国鉄鋼大手のポスコと現代製鉄がそれぞれ、燃料電池車(FCV)の普及を見込んだ事業に取り組んでいる。韓国政府が2040年までに累計620万台のFCVを生産する政策を進める中、成長市場をいち早く取り込む考えだ。 22日付韓国経済新聞によると、ポスコは現代自動車が昨年発売し…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車化学鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

全国6地域、小規模科学特区に指定(15:49)

利下げ観測一層広まるか、韓銀総裁の発言で(15:49)

サムスン電子、TOFセンサーの調達先拡大か(15:50)

豪オースタル、2千万ドルでセブ造船所拡張(14:58)

LG電子、日立との合弁事業から撤退か(15:50)

テイクオフ:韓国でも定年延長論議が…(06/20)

韓国南鮮アルミ、ビンファストに部品供給(06/20)

韓国輸銀、越に1兆Wを供与 過去5年間の有償資金協力で(06/20)

カムコシティー計画、地場社が融資会社批判(06/20)

5月輸出額9.5%減、半導体不振続く(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン