鉄鋼大手、燃料電池車用素材に注力

韓国鉄鋼大手のポスコと現代製鉄がそれぞれ、燃料電池車(FCV)の普及を見込んだ事業に取り組んでいる。韓国政府が2040年までに累計620万台のFCVを生産する政策を進める中、成長市場をいち早く取り込む考えだ。 22日付韓国経済新聞によると、ポスコは現代自動車が昨年発売し…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車化学鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

国産戦闘機向け部品の加工開始、KAI(12:16)

ハンファ、トルコの太陽光事業から撤退か(12:16)

フェローテック、韓国関連会社が法違反起訴(02/15)

デジタル印刷に商機あり オフセットからの転換需要が拡大(02/15)

23年に売上2兆円、韓進が経営刷新案(02/15)

現代自「エラントラ」19年モデル生産開始か(02/15)

現代・起亜自の新卒採用、各部署で随時に(02/15)

自動車3社、投資に向け優遇措置を求める(02/15)

文大統領が釜山訪問、スマート都市造成(02/15)

サムスンが新技術、ブロックチェーン関連で(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン