• 印刷する

コメ輸出量、EU輸入制限などで減少予想

ミャンマーのコメ事業者らは、2018年度(18年4月~19年3月)のコメ輸出量が減少するとの見方を示している。中国への出荷が同国での違法輸入の取り締まり強化で減退していることや、欧州連合(EU)が18日、ミャンマー産米に緊急輸入制限(セーフガード)を発動したことが背景にある。イレブン電子版が19日伝えた。

ミャンマー・コメ連盟(MRF)のアウン・タン・ウー副会長は、「今年のコメ需要は国内外で縮小する」と指摘。ミャンマー精米業者協会のナイ・リン・ジン氏は「輸出の減少で、コメ産業の50%程度が影響を受ける」と述べた。

ミャンマーの17年度のコメ輸出量は約360万トンと、過去50年間で最大の水準を記録。17年4~12月の輸出量は254万2,000トン、輸出額は7億8,978万米ドル(約864億4,900万円)に達した。一方、18年4~12月の輸出量と輸出額は、それぞれ171万7,000トン、5億7,809万米ドルに減少している。

EUは現在、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャなどに対する人権問題を理由に、同国製品を無関税で輸入する一般特恵関税制度(GSP)の停止を含む経済制裁を検討している。


関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ウィン・カイン電力相、病気で療養中(18:46)

月20時間の停電が企業に影響 インフラ未整備は深刻=米NGO(06/24)

海洋ごみ減で連携、宣言採択 ASEAN首脳、「3R」推進も(06/24)

電力の供給制限を解除=ヤンゴン公社発表(06/24)

携帯電話のネット接続遮断、ラカインなどで(06/24)

日本生命、23億円でGGI傘下の35%取得へ(06/24)

ネザスHD、来年初めにヤンゴンでトヨタ店(06/24)

中国東方航空、上海―ヤンゴン線を就航(06/24)

小口融資マハーバウガ、YSX上場目指す(06/24)

国営企業の利益、次年度から全額国庫に上納(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン