• 印刷する

テイクオフ:低迷する飲食店を人気料…

低迷する飲食店を人気料理家がサポートして復活させる番組「路地裏食堂」。うなぎ屋を焼き魚定食店に変え、サラダ専門店を米粉麺「フォー」店に変身させるなど、行列店を数々、生み出してきた。

先日、同番組で登場したソウル城東区の洋食店を訪れた。午後2時前だったが、お客は2組だけ。行列を覚悟したが拍子抜けした。注文したのは、普段あまり食べない韓国式とんかつ。サクサク衣に、甘いソースがたっぷりかけてあり、口当たりがよかった。

店員さんによると、番組の放送期間が終了すると、客足が一気に遠のいたという。ただ、会社員など常連客が増えて、売り上げは安定している。今後はブームに流されない地元住民に愛される食堂を目指すと意気込む。味もしかり、店の雰囲気しかり、足を運びたくなる店。次に韓国式とんかつを食べる時はこの洋食店だと心に決めている。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

製薬5社、18年売上1兆ウォン超える(02/22)

折り畳みスマホ、100万台販売目標=サムスン(02/22)

インフラ事業へ参加も、韓印会談で協力確認(02/22)

サムスン、折り畳みスマホ発表 大手では初、4月に発売へ(02/22)

テイクオフ:韓国の街を歩いてみれば…(02/22)

旗艦モデル「S10」シリーズ発表、サムスン(02/22)

1月の輸入物価指数、11カ月ぶりの低水準(02/22)

東芝メモリが上場へ、政投銀が3千億円出資(02/22)

SK会長、持ち株会社の取締役会議長を退任(02/22)

サムスンが折り畳みスマホ、5G対応機種も(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン