• 印刷する

テイクオフ:分かりそうで分からない…

分かりそうで分からない名前だが、一見の価値あるイベントだった。昨年12月から先日まで、バンコクのデュシット地区で開かれた「ウン・アイラック・クラーイ・クワームナーオ」。「愛で寒さをやわらげよう」とでも言う意味か。

歴代国王の業績の展示と絡めた、各地の料理や民芸品の紹介、歌や踊りの博覧会だ。今回で2回目。戴冠式を控えた現国王の権威確立が狙いとも推測されるが、伝統衣装で記念写真に収まる来場者に、タイ人の王室への敬愛を実感した。

広場にラマ5世の騎馬像が立つ。配られた礼拝セットに入っていたのは、花やろうそく、線香に加え、おみやげ用のビンロウジ。一種のかみたばこだが、歯や唾液が真っ赤になり、バンコクではもはや見かけない。地方からの来場者向けに用意したのか。なんとなく捨てるのが惜しく、実が変色するまで机に飾った。(範)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

関西電力、帝人のタイ工場向けに熱電供給(02/22)

1月の自動車生産は8%増 国内向け好調、輸出用に減速感も(02/22)

1月の自動車輸出、1%減の8.2万台(02/22)

マルカキカイ、タイでの車部品輸出から撤退(02/22)

チェンマイのレッドライン、事業化調査開始(02/22)

スワンナプーム第2ターミナルの設計破棄へ(02/22)

中国能源、ウタパオ空港の発電事業に参画(02/22)

漢来美食、CPとタイに海鮮レストラン開業(02/22)

発電ラチャブリ、年内に最大920億円を投資(02/22)

タイオイル、23年までにユーロ5軽油を生産(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン