• 印刷する

テイクオフ:ジャカルタ北部の港から…

ジャカルタ北部の港から日帰りで行ける観光地、プロウスリブ(千の島)。その名の通り、小さな島々が無数に散らばっている。実際の島数は数百程度だが、それにしても全てを回るのは不可能に近い。新年の抱負に「インドネシアの島制覇」を掲げた知人がいたが、途方もない目標だ。

近場の島まではスピードボートでたったの30分。気軽に行けることから観光客に大人気……と思いきや、週末にもかかわらず他の団体客はゼロ。図らずも島一つが丸ごと貸し切りとなった。

客足が遠のいているからか、経営スタッフはPR活動に余念がない。「次はぜひ泊まりで」と水上コテージを部屋の中まで案内された。人気観光地もいいが、静かなプライベート空間も魅力的。利用したいと告げると「電気代が高いから8棟以上の予約を」。想定外の高いハードルに、客離れの原因が垣間見えた。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

韓国のクク電子、浄水器でインドネシア参入(14:54)

プルタミナ、モザンビークのLNG購入(14:50)

定年後に備え毎月貯金、3割止まり(12:45)

テイクオフ:大統領選まで2カ月を切…(02/21)

パパママストアに変革(下) ワルン・ピンタール創業者に聞く(02/21)

ダイハツ小売り台数、1月はシェア18.7%(02/21)

豪との貿易協定締結で自動車の輸出拡大か(02/21)

完成車輸入、5カ月連続で1万台突破(02/21)

首都―スラバヤ間の高速バス運行を検討(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン