カンボジアなどに20年で17校寄贈、自民有志

【共同】自民党有志による議員連盟(現在48人所属)は、メンバーが毎月1人1万円を積み立て、アジアの貧困地域に「ともだち小学校」と名付けた学校を建てる教育機会支援の活動を20年以上続けている。昨年末までに、カンボジアやラオス、ミャンマーなど東南アジア5カ国で計17校…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

首都近接州で太陽光発電計画 入札募集開始、電力供給源を拡大(02/22)

越書記長、ラオス・カンボジア歴訪へ(02/22)

〔寄り道〕その後ろ姿はこの国の…(02/22)

日通、新倉庫建設を正式発表(02/22)

官民フォーラム、3月29日に開催(02/22)

鉱山アンコール、油田開発に意欲(02/22)

コッコン州のリゾート開発、当局が承認(02/22)

首都北部の地価2桁上昇、大型商業開発で(02/22)

政策実行の指令、中央政府の作業部会に集約(02/22)

カンポットに水処理施設を建設、地場アンコ(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン