• 印刷する

ダイハツ小売り台数、18年は8.1%増

ダイハツ工業のインドネシア現地法人アストラ・ダイハツ・モーター(ADM)は21日、昨年の新車販売台数(小売りベース)が前年比8.1%増の20万178台だったと発表した。10年連続で小売り販売台数が国内2位だった。

政府推奨の低燃費小型車「ローコスト・グリーンカー(LCGC)」適合車で、7人乗りのエントリー多目的車(MPV)「シグラ」の販売台数が5万682台で、全体の25%を占めた。小型商用車「グランマックス」のピックアップモデル(PU)は21%、小型MPVの「セニア」と中型スポーツタイプ多目的車(SUV)「テリオス」がそれぞれ15%だった。

インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)によると、2018年の国内小売り販売台数は前年比8%増の115万2,641台。首位はトヨタで4%減の35万6,063台だった。ダイハツのシェアは17.4%。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

首都移転、経済成長を0.1%押し上げる効果(16:33)

GMF、航空エンジン整備を3倍に増強へ(16:19)

バタム島、プラごみの受け入れ拒否へ(13:37)

テイクオフ:インドネシアで「子ども…(06/27)

MNCがテーマパーク開発 23年までに開業、東南アジア最大(06/27)

ホンダ5月販売、ブリオシリーズが好調(06/27)

ブリヂストン、ワンストップ販売店を新設(06/27)

LCC航空運賃引き下げ、7月1日から適用(06/27)

クルタジャティ空港へ11社がバス路線新設(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン