• 印刷する

多重衝突考慮したエアバック、現代自が開発

韓国完成車最大手の現代自動車は21日、事故発生時に複数回衝突する「多重衝突」を考慮したエアバックシステムを業界で初めて開発したと発表した。

多重衝突とは、衝突事故が起きた後にさらに別の車や建物、交通インフラに衝突するケースを指す。

これまでのエアバックは、衝撃の大きさなどは考慮されず、衝突により一定の力が加わった場合のみ作動した。現代自の開発したエアバックシステムは、最初の衝撃で搭乗者の姿勢が不安定になったかどうかや車両の速度といった状況を分析し、2回目の衝撃時にエアバックが作動しやすいように自動調整されるという。

現代自は「多重衝突に備えたエアバックシステムの開発で、事故による死亡率を下げることができるだろう」と説明した。

同社によると、北米では2000年から12年に起きた5万6,000件の事故を分析したところ、多重衝突事故は3割に上った。韓国国内では、中央分離線を超えた衝突や高速道路で料金所や中央分離帯に衝突する事故が多い。

現代自は韓国内外の事故状況を分析し、多重衝突に備えるエアバックシステムを開発(同社提供、写真はイメージ)

現代自は韓国内外の事故状況を分析し、多重衝突に備えるエアバックシステムを開発(同社提供、写真はイメージ)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

SKTとサムスン電子、6G開発で提携(18:56)

サムスンが5G機器に注力、研究人材を増員(18:06)

5G基盤のV2X技術、KTが実証実験(18:06)

テイクオフ:人はインターネットの世…(06/18)

SKがVWと電池の合弁設立 年53万台分を生産、シェア急伸へ(06/18)

米国が情報共有中断も、韓国の華為使用で(06/18)

海外へのFDI、1Qは前年同期で45%増加(06/18)

アットシグナル、韓国同業とウェブ保安で提携(06/18)

韓国の5月原油輸入が11%減、イラン制裁で(06/18)

ハンファ傘下、ファーウェイ系部品調達縮小(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン