米国向け合板輸出急増、産地偽装の疑い

タイ商務省貿易局は、タイ工業連盟(FTI)から国内の合板工場の調査を行うよう要請があったことを明らかにした。米国向け輸出が急増しており、産地偽装の疑いが持たれているもようだ。21日付ポストトゥデーが報じた。 貿易局のマナサニット副局長によると、タイは昨年、中国か…

関連国・地域: 中国タイ米国
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:来月24日にタイで予定…(02/18)

電動ボート、首都河川で運航 大気汚染で公共交通の電動化機運(02/18)

タイ中高速鉄道の一部区間、来月契約締結へ(02/18)

KL少年野球大会、400人の選手たちが熱闘(02/18)

18年の投資申請4割増、FDIは米国が17倍(02/18)

18年1~11月の模倣品押収4倍増、密輸急増(02/18)

グロウの東部発電所売却、5社が購入に関心(02/18)

PTTEP、米石油ガス開発会社に3割出資(02/18)

不動産2社、プラカノンに複合施設を開発(02/18)

LG電子、北米向けに東部エアコン工場増産(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン