• 印刷する

地場アモリー、首都北部で連棟型住宅を開発

カンボジアの不動産開発業者アモリーは、首都プノンペン北部で連棟型住宅(リンクハウス)の開発に乗り出した。投資額は3,000万米ドル(約32億9,000万円)。第1期として、50棟の住宅を建設する。クメール・タイムズ(電子版)が21日伝えた。

開発物件の面積は32ヘクタールで、2018年12月に完成した国家再建塔や野生動物園「プノンペン・サファリ」に近い立地にある。アモリーのスーン・ビレックダラ最高経営責任者(CEO)は「経済成長とともに不動産市場も拡大している。中小規模の住宅に投資する層を取り込んでいく」と語った。

不動産仲介大手センチュリー21メコンのチレク・ソクニムCEOは「プノンペン北部は幹線道路へのアクセスが良く、近い将来に住宅や商業施設の開発が進むだろう」と指摘。「厚みを増しつつある中間所得層を狙うのは正しい戦略だ」と述べた。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

首都近接州で太陽光発電計画 入札募集開始、電力供給源を拡大(02/22)

越書記長、ラオス・カンボジア歴訪へ(02/22)

〔寄り道〕その後ろ姿はこの国の…(02/22)

日通、新倉庫建設を正式発表(02/22)

官民フォーラム、3月29日に開催(02/22)

鉱山アンコール、油田開発に意欲(02/22)

コッコン州のリゾート開発、当局が承認(02/22)

首都北部の地価2桁上昇、大型商業開発で(02/22)

政策実行の指令、中央政府の作業部会に集約(02/22)

カンポットに水処理施設を建設、地場アンコ(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン