• 印刷する

18年の高層住宅戸数は4割増、土地局

タイの2018年のコンドミニアム(分譲マンション)やアパートなど高層住宅の登録戸数は前年比40.1%増の10万1,581戸だった。バンコク首都圏での旺盛な開発が全体を押し上げたとみられる。21日付ポストトゥデーが報じた。

内務省土地局の情報筋によると、登録事業者数は前年比21.1%増の270社、建物の軒数は15.6%増の572軒だった。昨年12月にも不動産開発大手オリジン・プロパティーのコンドミニアム「ノッティングヒル・スクンビット105」が1,114戸、オール・インスパイア・デベロップメントの「ライズ・ラマ9」が655戸を新たに登録した。

一方、18年の土地開発申請数は前年比4.9%増の8万1,992区画だった。タウンハウス(低層集合住宅)の開発が最も多く、4万6,952戸。一戸建て住宅が2万1,098戸で続いた。


関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:うだるような暑さの中、…(06/27)

中銀がGDP予測を下方修正 3.3%成長、輸出減が予想上回る(06/27)

運輸省、首都空港第2ビル計画の再検討指示(06/27)

路線バスのBMTA、再建で職員5千人削減(06/27)

国鉄、7月からカンボジア国境まで運行(06/27)

LCCタイスマイル、7年ぶり黒字転換予測(06/27)

ヤマハ、大型アフターサービス拠点を開設(06/27)

MBK、パトゥムタニの高級戸建て住宅発表(06/27)

商業施設LT、ホテル・住宅開発に参入(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン