• 印刷する

テイクオフ:このあたりにチャーシュ…

このあたりにチャーシュー飯を食わせる店はありませんか――。ある日の夜、自宅近くの人気のない道を歩いていると、学生服を着た2人組に声を掛けられた。流ちょうな広東語だったので分かった部分はこのパートだけ。見たところ、17~18歳といったところか。2人とも白人の男の子だ。

声を掛けてきた背の高い男の子はいやにもじもじしていて、もう1人はクールながらも血気盛んそうな容貌。さては金がないから食わせろというたかりかな。面白くなって、「金が必要かい」と北京語で話すと、そんなことはないと、非常にたどたどしい北京語で返してきた。人のよさそうな青年の目が何だか泳いでいるように見えた。

別れを告げてから振り向くと、とぼとぼと歩く2人の姿。公立校に通う子たちだろうか。たかりじゃなくても、飯くらい食わせてやればよかったかな。いまになって思う。(崇)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

啓徳の宅地、本土系企業が129億ドルで落札(13:53)

テイクオフ:じっとりした海風に乗っ…(06/27)

清掃マッチングで年8万件成約 潔客幇の林文康CEO(06/27)

デモで3万人が来港見送りか 業界予測、本土客など混乱避け(06/27)

本土系銀行の解約呼び掛け、条例改正反対で(06/27)

海外留学の問い合わせ増加、条例改正巡り(06/27)

香港民主派G20前に集会、政府へ圧力(06/27)

土地共有計画に遅れか、黄発展局長(06/27)

香港テナント市場、下期に調整期入り=中原(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン