• 印刷する

電動スケーターの制限速度引き下げ、来月から

シンガポールの陸上交通庁(LTA)は18日、2月1日から電動キックスケーターなど個人用移動機器(PMDs)の歩道での制限速度を従来の時速15キロメートルから、同10キロメートルに引き下げると発表した。このほか3つの新規制を導入する。

昨年5月に施行されたアクティブ・モビリティー法で、PMDsの制限速度は歩道で時速15キロメートル、自転車道などで同25キロメートルと定められたが、昨年9月に「重大事故を防ぐため」として歩道での速度引き下げが決まっていた。

また、自転車で車道を走行する際のヘルメット着用が義務化される。ただ歩道や自転車道のみを走行する場合は免除され、車道の横断時も着用しなくても構わない。

加えて、自転車やPMDsの利用者は、道路を横断する際の「一時停止と左右確認」が義務となる。横断歩道を利用する際も、いったん停止し、左右を確認する必要がある。

これら◇PMDsの歩道での速度制限◇自転車の車道走行時のヘルメット着用◇道路横断時の一時停止と左右確認――を怠った場合、初回で最大1,000Sドル(約8万800円)の罰金または最大3カ月の禁錮刑、もしくはその両方が科せられる。

さらに、電動車椅子など歩行困難者が利用する機器については、最高走行速度を時速10キロに制限する。2月以降、それ以上の速度が出る機器を公道で利用すると、初回で最大5,000Sドルの罰金または最大3カ月の禁錮刑、もしくはその両方が科せられる。最高速度が時速10キロ以上の電動車椅子などを販売した事業者にも、同様の罰則が科せられる。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールでは最近、…(07/22)

6月外国投資、18年度最高に 年度累計で目標の5割突破(07/22)

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/22)

高速バスのウィラー、東南アジア展開を加速(07/22)

貨幣処理機グローリー、地場企業に出資(07/22)

シンガSTエンジ、日本で自動運転バス実証へ(07/22)

クレカ発行数が4年で8%減、規制強化が影響(07/22)

KDDI、PtoP事業運営社に出資(07/22)

ポーラ化成工業、皮膚科学研究所と共同研究(07/22)

薬剤師登録が可能な海外認定校、61校に半減(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン