• 印刷する

テイクオフ:南北合同チーム「コリア…

南北合同チーム「コリア」。昨年の平昌冬季五輪で、女子アイスホッケーが「コリア」として出場したのが記憶に新しい。現在、ドイツで開催されているハンドボール世界選手権でもこの「コリア」が結成され、日本が立ち向かった。

当方には、ハンドボールには特別な思い入れがある。というのは、高校から大学の青春時代をハンドボールに捧げた経験があるためだ。背が低く、実力もなかったため、選手としては泣かず飛ばずで終わってしまったが、好きなスポーツは何かと聞かれれば、必ず「ハンドボール」と答える。

その当時から、日本は韓国という壁を越えられなかった。今回は南北合同の「コリア」が立ちはだかる。結果はというと、わずか2点差で日本が敗北。

スポーツでは必ずと言っていいほどライバル関係となる、日韓。合同チームのコリアも、日本にとっては大きな壁だ。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

製薬5社、18年売上1兆ウォン超える(02/22)

折り畳みスマホ、100万台販売目標=サムスン(02/22)

インフラ事業へ参加も、韓印会談で協力確認(02/22)

サムスン、折り畳みスマホ発表 大手では初、4月に発売へ(02/22)

テイクオフ:韓国の街を歩いてみれば…(02/22)

旗艦モデル「S10」シリーズ発表、サムスン(02/22)

1月の輸入物価指数、11カ月ぶりの低水準(02/22)

東芝メモリが上場へ、政投銀が3千億円出資(02/22)

SK会長、持ち株会社の取締役会議長を退任(02/22)

サムスンが折り畳みスマホ、5G対応機種も(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン