三菱自、19年販売は倍増狙う 人材と設備の強化で好調堅持

三菱自動車工業のベトナム事業が好調だ。完成車(CBU)輸入規制が施行された逆境下で、昨年の販売台数は前年比5割増の1万台を突破した。現地法人・三菱モーターズ・ベトナム(MMV)の堀之内兼一社長は、今年はさらに攻勢を強めて「販売台数2万台以上を目指す」ことを明ら…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

通信市場の健全化へ厳格措置 政府、SIM無料配布の越系に罰則(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

ジョリビー越展開、拡大期に 本国フィリピンの「再現」に自信(07/23)

HCM市オフィス賃料、供給増も上昇続く(07/23)

ベトナムの不動産市場、外国投資家が注目(07/23)

携帯普及率が105%に、中国・韓国製が人気(07/23)

FLC、ドンタップ省サデックで都市区着工(07/23)

PVガス、2Qは原油値下がりで5%減益(07/23)

GE、風力発電事業の拡大に意欲(07/23)

鉄鋼ホアセン、4~6月は減収増益(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン