• 印刷する

テイクオフ:普段慣れ親しんでいる商…

普段慣れ親しんでいる商品やサービスを海外でも見かけると、やはりうれしくなるものだ。この10日間ほど北は北京から南はバンコク、ホーチミンまで6都市を駆け足で回った際、どの町でも行列ができていたのが台湾発のドリンクスタンドだった。

アップル製品の組み立てを担う鴻海に代表されるように、台湾企業が得意とするのは縁の下の力持ち。消費者の知名度は低い。そうした中、若者に絶大な人気があり、路面店が多いためブランドのロゴも目立つドリンクスタンドは、台湾のモノを世界にアピールする格好の舞台である。

ただの飲み物と侮るなかれ。コカ・コーラはその巧みなマーケティング戦略でもって米国の文化を世界に広める役目を果たした。現在、中国が「一帯一路」で影響力の強化を図ろうとしているが、恐れることはない。さあ台湾よ、バブルティーで世界をかき回せ。(蔵)


関連国・地域: 台湾
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅マンションのエレベ…(07/22)

中国人客の訪台に急ブレーキ 6月、エバー航空のスト影響(07/22)

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/22)

高速バスのウィラー、東南アジア展開を加速(07/22)

エバー航空の上期旅客微増、スト響く(07/22)

研華、日本ラッドと医療IoT市場開拓へ(07/22)

サンマ漁獲枠導入で初合意、資源回復へ前進(07/22)

LEDの栄創、米クリーとライセンス契約(07/22)

中華汽車が電動二輪新車投入、ゴゴロに対抗(07/22)

遠伝がゴゴロと協業強化、割引サービス提供(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン