• 印刷する

テイクオフ:普段慣れ親しんでいる商…

普段慣れ親しんでいる商品やサービスを海外でも見かけると、やはりうれしくなるものだ。この10日間ほど北は北京から南はバンコク、ホーチミンまで6都市を駆け足で回った際、どの町でも行列ができていたのが台湾発のドリンクスタンドだった。

アップル製品の組み立てを担う鴻海に代表されるように、台湾企業が得意とするのは縁の下の力持ち。消費者の知名度は低い。そうした中、若者に絶大な人気があり、路面店が多いためブランドのロゴも目立つドリンクスタンドは、台湾のモノを世界にアピールする格好の舞台である。

ただの飲み物と侮るなかれ。コカ・コーラはその巧みなマーケティング戦略でもって米国の文化を世界に広める役目を果たした。現在、中国が「一帯一路」で影響力の強化を図ろうとしているが、恐れることはない。さあ台湾よ、バブルティーで世界をかき回せ。(蔵)


関連国・地域: 台湾
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

フーデックスで日本輸出増へ 台湾の出展、過去最大規模に(02/22)

台湾マイクロン、19年は1千人採用へ(02/22)

中油の戴董事長、労組が批判で退任か(02/22)

東芝メモリが上場へ、政投銀が3千億円出資(02/22)

台湾ユニクロ、19年春夏新商品を発表(02/22)

達方が世同金属を傘下に、電動アシスト強化(02/22)

康タイ科技、AIラベルプリンターを発表(02/22)

マンダレー郊外で大規模開発、ゴルフ場など(02/22)

漢来美食、CPとタイに海鮮レストラン開業(02/22)

麗宝、30億元投じレジャー施設建設(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン