• 印刷する

中銀、民間銀に3年以下の住宅ローン認可

ミャンマー中央銀行は民間銀行に対して、各行の裁量で、融資総額の最大5%を3年以下の住宅ローンに充てることを認可した。ミャンマー・タイムズ(電子版)が伝えた。

中銀は15日、「地場銀行の成長を促すと同時に、国民の住宅購入を支援するために、各行の融資総額の5%までを3年以下の住宅ローンに充てることを認める」と発表した。3年を超える住宅ローンについては、中銀に融資条件を報告し、個別に認可を受ける必要がある。

中銀は同日、来月1日からこれまで認めていなかった無担保融資を認可することも発表した。民間銀は担保の有無にかかわらず、最大で金利16%を債務者に課すことができるようになる。

基準金利10%、中銀指定の担保融資の金利上限13%、預金金利の下限8%は維持する方針を示している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

外国直接投資に復調の兆し 18年度12億ドル、目標の22%に(02/19)

日本語教師、授業に生活・文化事情の反映を(02/19)

米企業、金融や教育分野の投資に関心(02/19)

マンダレー、ごみ収集車にIT管理システム(02/19)

高付加価値の農産品、韓国への輸出促進協議(02/19)

ミャンマーとラオス、電力協力で閣僚級会合(02/19)

新興リサイグロ、北欧企業から資金調達(02/19)

豪企業、マンダレーで金の採掘認可を申請(02/19)

シャン州ピンダヤに農業学校、ドイツが協力(02/19)

【ミャンマー進出関連法】地場銀行の外資受け入れ許可 第177回(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン