タイ中鉄道第2区間、シビルが優先交渉権

タイ国鉄(SRT)の情報筋によると、首都バンコクと東北部ナコンラチャシマを結ぶタイ中高速鉄道第1期(253キロメートル)の第2区間(ナコンラチャシマ県シーキウ―グッジック間11キロ)の事業入札で地場ゼネコンのシビル・エンジニアリングが優先交渉権を獲得したもようだ。1…

関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「タイ人は金にがめつく…(07/24)

SDGs達成度が東南ア首位 投資誘致に弾み、タイ企業も推進(07/24)

外資588社が他国に生産移管 昨年広東で、工情省は懸念打ち消し(07/24)

サンキョウと京阪がコンド建設、合弁2軒目(07/24)

化学サーティム、8月に子会社設立(07/24)

英クリスティーズ、タイの高級コンド販売(07/24)

日産EV「リーフ」、2カ月で100台販売(07/24)

国道35号線の高架道路建設事業、3社が落札(07/24)

1~5月自動車生産、東南ア最大の30%減(07/24)

3空港高速鉄道、今月中の契約締結困難に(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン