ゴム輸出税の引き下げ検討、免税範囲も拡大

カンボジア農林水産省は、ゴムの輸出関税の減税に向けた検討に入った。輸出関税を免除する出荷価格の上限を現在の2倍となる1トン当たり2,000米ドル(約22万円)に引き上げるなどの措置により、業界振興を図る。クメール・タイムズ(電子版)が18日伝えた。 現在は1トン当たり…

関連国・地域: ミャンマーカンボジア
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

租税総局、今後5年で税務サービス強化(18:01)

ANZ銀買収がずれ込み Jトラスト、9月までに完了(05/20)

外為GCGの幹部逮捕、首相画像を無断掲載(05/20)

首都政府、排水溝へのごみ捨てに警鐘(05/20)

中国ギャング集団、動画は冗談=大使館(05/20)

外国人観光客、1~3月は10%増(05/20)

カンポット産コショウ、生産量90トンに(05/20)

サムレンシー氏、扇動・国王侮辱で有罪(05/20)

地雷・不発弾の被害者急増、1~4月は47人(05/20)

韓国全州産のナシ、対越輸出額が100倍に(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン