製薬業界、薬価抑制などで19年の見通し低調

ベトナムの製薬業界は今年、厳しい経営環境に置かれそうだ。薬価抑制策や流通網の変化などから収益低下が続くと見込まれているためで、株価も下落傾向にある。18日付ベトナム・ニュース(VNS)電子版が伝えた。 国内の製薬最大手ハウザン製薬(DHG)、同2位トラファコ(T…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 医療・医薬品その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

通信市場の健全化へ厳格措置 政府、SIM無料配布の越系に罰則(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

ジョリビー越展開、拡大期に 本国フィリピンの「再現」に自信(07/23)

HCM市オフィス賃料、供給増も上昇続く(07/23)

ベトナムの不動産市場、外国投資家が注目(07/23)

携帯普及率が105%に、中国・韓国製が人気(07/23)

FLC、ドンタップ省サデックで都市区着工(07/23)

PVガス、2Qは原油値下がりで5%減益(07/23)

GE、風力発電事業の拡大に意欲(07/23)

鉄鋼ホアセン、4~6月は減収増益(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン