華為幹部、スパイ疑惑否定

【東莞共同】中国の通信機器大手、華為技術(深セン市、ファーウェイ)のジョン・サフォーク上級副社長が17日、広東省東莞市で日本メディアと記者会見し「(中国政府から)製品に何かを組み込むよう指示を受けたことはない」と語り、中国政府のスパイ活動に関与しているとの疑惑を…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

6月外国投資、18年度最高に 年度累計で目標の5割突破(07/22)

6月の旅行者数、伸び鈍化 観光局、デモ影響は今後顕在化か(07/22)

テイクオフ:帰国中に思わぬアクシデ…(07/22)

中国人客の訪台に急ブレーキ 6月、エバー航空のスト影響(07/22)

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/22)

金融の規制緩和11項目を発表 格付や債券、国内市場活性化へ(07/22)

中国、米農産品輸入へ=国営メディア報道(07/22)

チン州政府、電化率向上へ水力発電を推進(07/22)

サンマ漁獲枠導入で初合意、資源回復へ前進(07/22)

劉副首相、米通商代表らと電話で貿易協議(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン