覚醒剤3.3キロ密輸疑い、男を告発

【共同】カンボジアから覚醒剤約3.3キロ(末端価格2億円相当)を密輸しようとしたとして、名古屋税関は17日までに、関税法違反(禁制品輸入未遂)の疑いで、東京都板橋区中丸町49の1、会社社長山田泰斗容疑者(47)を、名古屋地検に告発した。15日付。 告発容疑は昨年12月30日、…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

外国人の就労、自営10業種などで禁止へ(07/18)

高速道路建設、米企業が財務アドバイザーに(07/18)

アクレダ銀、銀聯国際と非接触型デビカ発行(07/18)

首都のオフィス入居率、86.5%に上昇(07/17)

ゼロダラーツアーの取締まり強化へ、観光相(07/17)

平均寿命70歳に、総人口は1650万人(07/17)

EC法と消費者保護法、閣僚評議会で承認(07/16)

太陽光発電事業4件、閣僚評議会で承認(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン