北京の大気汚染改善、PM2.5濃度は1割減

北京市生態環境局によると、同市の2018年の微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)は51マイクログラムとなり、前年比で12.1%低下した。国の基準(35マイクログラム)を上回ったものの、同局は各種大気汚染対策により改善が進んだと強調した。 PM…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

人民銀が5千億元オペ、TMLFとMLF(17:45)

テイクオフ:本格的な冷麺の季節を迎…(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

テイクオフ:上海で夜の散歩中、どこ…(07/23)

上期輸出受注が7%減に 米中摩擦響く、8カ月連続減(07/23)

シアヌークビル―中国直行便、開設相次ぐ(07/23)

科創板、初日は全銘柄が急騰 最高は安集科技の5倍高(07/23)

AD措置を正式決定、日欧などのステンレス(07/23)

チャウピュー港の環境評価、法的不備の指摘(07/23)

東風小康汽車、現地生産車の輸出拡大へ(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン