18年の住宅販売は18%増加 主要7都市、在庫2年ぶり低水準

インドの不動産サービス大手、アナロック・プロパティー・コンサルタンツが15日に発表した住宅市場リポートで、2018年の国内主要7都市における住宅販売が24万8,310戸となり、前年比18%増加したことが分かった。好調な販売を受けて在庫は大きく減少し、2年ぶりの低水準を記録。投…

関連国・地域: インド
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:22日、インドは無人月…(07/24)

EV充電網に広がり 官民で推進、1千カ所の大型整備も(07/24)

現代自、傘下起亜の工場での生産検討(07/24)

印ゴーエア、プノンペン直行便を就航へ(07/24)

ボッシュの南部工場、需要低迷で一時停止(07/24)

TVSモーター、4~6月は増収減益(07/24)

輸出額1兆リンギ、パーム油など伸び達成へ(07/24)

賃金法案、最低賃金に全国共通の下限を設定(07/24)

仮想通貨の全面禁止、省庁委が提言(07/24)

住宅購入の負担増加、月収の60倍超に(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン