柔軟な働き方提供する企業、18年に上昇

シンガポール人材開発省(MOM)が16日発表した、労働環境に関する報告書「雇用の条件2018」によると、柔軟な働き方を制度化した企業で働く人の割合は18年に72%となり、17年の70%から上昇した。MOMは柔軟な働き方を取り入れることが人材の引き留めにつながると分析している…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

リーガル不動産、海外初拠点設立へ(12/13)

百貨店メトロ、インドネシア合弁から撤退(12/13)

新規車両登録、4カ月連続マイナス成長(12/13)

今年のIPO市場、不動産投信が大半(12/13)

セレター空港、新施設追い風に ビジネスジェットで存在感(上)(12/13)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

NTT、3カ国間の海底ケーブル敷設(12/13)

小売業売上高、9カ月連続マイナス成長(12/13)

3Q雇用増加数を下方修正、サービス業低下(12/13)

働きやすい会社、1位はグーグル=米社調査(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン