市民の見回りアプリの浸透で犯罪率が低下

マレーシアで市民が地域の危険情報を警察に報告する見回りアプリ「ボランティア・スマートフォン・パトロール(VSP)」が事故の早期発見や犯罪の未然防止に役立っている。マレーシア警察のモハマド・フジ・ハルン長官は、アプリの浸透が犯罪率の低下に寄与し、2018年の警察への…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: IT・通信社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先週末にマレーシア・ジ…(07/24)

テイクオフ:大きなおなかを抱えてあ…(07/24)

大型小売店最大手が店舗縮小 今年は6店以上閉鎖、競争激化で(07/24)

外資588社が他国に生産移管 昨年広東で、工情省は懸念打ち消し(07/24)

RM1=26.2円、$1=4.11RM(23日)(07/24)

実質総固定資本形成、昨年は3360億リンギ(07/24)

「脱中国」の米企業、マレーシア投資に意欲(07/24)

1~5月自動車生産、東南ア最大の30%減(07/24)

輸出額1兆リンギ、パーム油など伸び達成へ(07/24)

パンコール島免税島化、事前研究費を配分(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン