• 印刷する

崎陽軒「シウマイ弁当」限定販売、23日まで

崎陽軒の「シウマイ弁当」を購入する来店者=17日、台北(NNA撮影)

崎陽軒の「シウマイ弁当」を購入する来店者=17日、台北(NNA撮影)

崎陽軒(横浜市)は17~23日、「微風(ブリーズ)」ブランドのショッピングセンター(SC)を展開する微風広場実業(ブリーズ)が台北市信義区で10日に開業した「微風南山」で、主力商品の「シウマイ弁当」(248台湾元=約880円)と「昔ながらのシウマイ4個入り」(89元)を数量限定で販売する。日本の駅弁文化をアピールするほか、横浜名物を売り込むことで、横浜への観光誘致につなげる狙いがある。

台湾版シウマイ弁当は、毎日午前11時と午後4時にそれぞれ50個ずつ販売。昔ながらのシウマイは正午から毎日200個を限定販売する。材料は現地で調達し、微風南山内の厨房で手作りする。

崎陽軒の担当者によると、昨年6月末に台湾の食品見本市で1日のみ出展したのが初めての海外販売で、今回は2回目となる。既に台湾で日本の駅弁販売を手掛けるまねき食品(兵庫県姫路市)を通じて、微風南山での共同出店が実現したという。崎陽軒とまねき食品の2社の弁当をそろえることで、日本の駅弁文化の地域性をアピールし、駅弁を通じて観光誘致につなげていく考えだ。

担当者はNNAに対し、「台湾にも駅弁文化がある。ただ、台湾の人は温かい駅弁を食べる習慣があると聞く。日本の冷めてもおいしい駅弁をアピールしたい」と強調した。

シウマイ弁当3つを購入した台湾人女性は、「偶然見かけて足を止めた。目新しさにひかれて買ってみた」と、笑顔で催事場を後にした。

崎陽軒の担当者は、今回の催事販売の反応をみて、今後、台湾で販売展開していく可能性も示した。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年に入り、台湾で児童…(02/21)

中台勢がテレビ市場席巻、国内大手は高級路線(02/21)

三菱重の業務用空調販売へ 上洋、回帰投資や飲食業需要に対応(02/21)

PCBの臻鼎が印工場計画、20年に量産へ(02/21)

1月の自動車販売、27%増の3.3万台(02/21)

和泰汽車、日本仕様の新型プリウス投入(02/21)

台北の工作機械見本市、商機は20億米ドル(02/21)

「蝦皮」での県市別消費額、18年は彰化が最高(02/21)

電源デルタ、自動車用好調で18年は4%増益(02/21)

台湾ファミマ、沖縄県産鶏卵の販売開始(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン