今年のM&A取引、総選挙実施で低調予測

オーストラリアのM&A(合併・買収)市場では、5月に総選挙を控え、今後の政策方針に不透明感が残ることから、今年は国内資産に対する海外企業からの投資意欲が減退するとの見方が広がっている。ただ、投資銀行の多くは、プライベートエクイティ(PE)企業からの関心は今後も…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:隣に住むオージー一家が…(07/22)

【特別企画】日豪のM&Aを語ろう(上) 業界座談会第4弾(07/22)

大日本住友製薬、豪医薬品企と買収交渉(07/22)

アサヒ、CUB買収で豪ビール最大手に(07/22)

川重主導の水素事業、液化プラント建設開始(07/22)

豪投資銀、上半期総売上高が12%減少(07/22)

豪与党、組合の登録はく奪可能法案を計画(07/22)

豪CEO給与、3分の1が凍結で賃金上昇暗雲(07/22)

中国に財政上の危機、豪に打撃も=経済学者(07/22)

豪家電ブレビル、米の真空調理メーカー買収(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン