• 印刷する

テイクオフ:「精密検査をしましょう…

「精密検査をしましょう」と再診で医師から提案された。結核や肺がんが潜んでいる恐れがあるそうだ。結核と聞いても、明治~昭和を舞台にした文学の印象しかなくピンとこない。「結核患者は頻繁に見ますよ」と病院の日本人スタッフは言う。「費用を理由に診察を受けない人が大勢いるのが現状です」。

偶然にも、当地で結核検査の改善を図る日系企業を取材することとなった。2016年、実証試験の開始式典では集まった医療関係者から質問が絶え間なく浴びせられたという。それから2年。同社による検査機材の追加が決まった。

17年のフィリピンの結核患者数は世界で4番目の多さだった。ドゥケ保健相によると人口の1%を占めている。政府は35年までの中長期計画を策定し、死亡率の低下や医療の質の改善などに尽力している。日本の医療に対する政府の信頼は厚く、期待が高まっている。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

遅い審査は自動承認、政府が改善へ細則案(12:09)

URCの製糖工場買収、競争委が却下(13:16)

テイクオフ:先週末の金曜の夜は、大…(02/18)

【EV化に挑む】日系の電動三輪がゆく(下) 車両どう活用、金融機関と協業へ(02/18)

日本支援のマニラ南北通勤鉄道が着工(02/18)

ブラカン空港計画、1Qに競合提案を募集(02/18)

19年もペソ安基調、みずほ銀が経済セミナー(02/18)

外国人証券運用、1月は7.6億ドル買い越し(02/18)

15日為替:$1=52.430ペソ(↓)(02/18)

18年海外送金、過去最高3.2兆円も成長鈍化(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン