巡礼基金、債券投資重視へ戦略転換

マレーシアの巡礼基金(タブンハジ、TH)は、保有株式の下落で資産運用実績が悪化していることを受け、運用戦略を保守的な方向へと見直す。株式投資を減らし、債券投資を増やす意向だ。16日付スターなどが伝えた。 ズクリ・サマット最高経営責任者(CEO)は「株式市場へのエ…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

巡礼基金とサウジ政府、巡礼者に医療提供(11:01)

テイクオフ:バーコードは左から最初…(07/18)

プロドゥア、今年目標引き上げ 上半期好調で23.5万台販売へ(07/18)

東南アの訪日者、6月は横ばいの27万人(07/18)

ソニー、大型テレビ市場で国内首位目指す(07/18)

GSIクレオス、プラ再生事業に参入(07/18)

日本ビジネス能力試験、個人講座も開講へ(07/18)

RM=26.3円、$=4.11RM(17日)(07/18)

プロトン、サバ州で3Sセンター開業(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン