19年の有望ビジネス、電子商取引が1位

タイ商工会議所大学(UTCC)の経済ビジネス予測センター(CEBF)は15日、2019年の有望産業上位10業種を発表した。急速に普及している「電子商取引(EC)」が1位。「医療・美容サービス」が2位となった。 3位は「化粧品・スキンケア製品」。4位は「IT・IT機器」…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:午後10時過ぎにバンコ…(07/22)

コインランドリー市場に勢い 日本企業も参入、都市で需要狙う(07/22)

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/22)

高速バスのウィラー、東南アジア展開を加速(07/22)

ディーン&デルーカ、国内100店体制目標(07/22)

郵船ロジが改修倉庫を披露、顧客基盤拡大へ(07/22)

運輸相、空港整備加速に予算配分見直しも(07/22)

ナコンパトムに新空港建設を検討=運輸当局(07/22)

BTS、30分超の遅延で運賃払い戻し(07/22)

ブルーライン延伸区間、29日から試験運行(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン