電子許可証、交通料金の徴収システムと統合

インド政府は、物品の輸送時に必要な電子許可証「E―Waybill」を有料道路の料金徴収システムや貨物追跡システムと統合する方針だ。物品・サービス税(GST)の脱税阻止や物流効率の向上が目的で、4月の全国的な運用開始を目指す。PTI通信が15日に伝えた。 政府はE…

関連国・地域: インド
関連業種: 運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドと日本がロケ地と…(07/16)

太陽光事業を融資可能に 印主導ISA、途上国に電力を(07/16)

国営バーラト、火発公社から太陽光事業受注(07/16)

太陽光KSL、電動車両に20億ルピー投資へ(07/16)

タイヤ大手シート、生産拡大に350億ルピー(07/16)

全列車の位置情報、GPSで把握可能に(07/16)

ジェット、資金運用に「組織的な不正」疑い(07/16)

テレビパネルの関税、韓国LGが撤廃を要望(07/16)

香港PCネクストゴー、専売店を50店設置へ(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン