電子許可証、交通料金の徴収システムと統合

インド政府は、物品の輸送時に必要な電子許可証「E―Waybill」を有料道路の料金徴収システムや貨物追跡システムと統合する方針だ。物品・サービス税(GST)の脱税阻止や物流効率の向上が目的で、4月の全国的な運用開始を目指す。PTI通信が15日に伝えた。 政府はE…

関連国・地域: インド
関連業種: 運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

トヨタ中古店で「新車」販売 スリランカ、日本製が人気(02/22)

二輪ロイヤルのスト、労使交渉が不調に(02/22)

高品質鉄鋼のBIS認証義務化、4月に延期(02/22)

トラクターのソナリカ、1月輸出台数が倍増(02/22)

東電PG、ダッカ電力と変電所コンサル契約(02/22)

太陽光発電設備の総容量、18年末は28GW(02/22)

サウジ皇太子、1千億ドルの投資を示唆(02/22)

4~12月のFDI流入、7%減の335億ドル(02/22)

長城汽車、インドに子会社設立(02/22)

消費者信頼感、2月は0.9ポイント低下(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン