新地の商業施設apm、18年売り上げ1割増

香港大手デベロッパーの新鴻基地産発展(サンフンカイ・プロパティーズ、新地)が運営する九龍・観塘の商業施設「apm」はこのほど、2018年の売上高が前年比1割増の45億HKドル(約625億2,500万円)だったと明らかにした。来場者数は1割増の1億1,800万人(延べ人数)。香港経済…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 建設・不動産運輸小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

JNTOが新テーマで誘客 全世代に照準、プロモ映像も刷新(07/18)

6月の訪日香港人1.7%増、20万人を突破(07/18)

本土客伸び率予測を下方修正、HSBC(07/18)

民主派団体、21日のデモ実施を発表(07/18)

小売販売額、19年は2桁減=業界団体が予測(07/18)

周大福、4~6月の香港・マカオは11%減収(07/18)

優品360、騰訊とスマート店構築で提携(07/18)

スシロー、8月に香港1号店(07/18)

HKEXトップ、「国際投資家が香港に懸念」(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン