新地の商業施設apm、18年売り上げ1割増

香港大手デベロッパーの新鴻基地産発展(サンフンカイ・プロパティーズ、新地)が運営する九龍・観塘の商業施設「apm」はこのほど、2018年の売上高が前年比1割増の45億HKドル(約625億2,500万円)だったと明らかにした。来場者数は1割増の1億1,800万人(延べ人数)。香港経済…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 建設・不動産運輸小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

ハンセン銀、「大湾区」向け投資拡大へ(02/22)

大湾区綱要のシンポ開催 構想の可能性や取り組みを説明(02/22)

東莞の固定資産投資、5年で1兆元規模へ(02/22)

11~1月の失業率、10期横ばいの2.8%(02/22)

石垣市が食材提案、中華シェフがアレンジ(02/22)

ララムーブ、シリーズDで3億ドル資金調達(02/22)

銀行各行、大湾区地域で新事業模索(02/22)

HKEX、深センのフィンテック企業買収へ(02/22)

続伸、IT銘柄が急上昇=香港株式(02/22)

宮古・下地島空港に就航、香港エクスプレス(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン