【台湾企業】地場高級ホテルの先駆け的存在 国賓大飯店(アンバサダーホテル)

1962年に当時の国民党政府が台湾の観光政策強化を打ち出し、世界レベルの高級ホテルの建設の必要性が高まっていた。政府の方針に対応するため、電機メーカーや運輸会社などを傘下に抱える仰徳集団の創業者である許金徳氏と、国民党中央委員など政界の要職にあった黄朝琴氏が共同で…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:教育に携わる者は政治的…(06/27)

清掃マッチングで年8万件成約 潔客幇の林文康CEO(06/27)

サーバーの緯穎、米国工場建設を検討(06/27)

シャープ後継選びが本格化、戴氏は20年にも交代(06/27)

18年の平均賃金、晶エンが聯発科抑え半導体1位(06/27)

大成鋼、貿易摩擦も米国生産で恩恵(06/27)

繊維の光隆、宜蘭で既製服のR&Dセンター着工(06/27)

明基傘下の美若康コンタクト、香港市場進出(06/27)

自転車2社、欧州で電動自転車の生産拡大(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン