• 印刷する

日本企業のチャイナリスク倒産、18年は48件

調査会社の東京商工リサーチは15日、2018年の「チャイナリスク」関連倒産は前年比11.1%減の48件だったと発表した。負債総額は40.4%減の231億9,300万円だった。

チャイナリスク倒産は16年をピークに減少が続いている。18年は、14年の調査開始以来、初めて2年連続で減少した。

東京商工リサーチはチャイナリスク倒産の定義について、中国での◇コスト高◇品質問題◇労使問題◇売掛金回収難◇景気減速◇反日問題◇価格競争◇その他――が原因によるものとしている。

18年のチャイナリスク倒産は、中国製の安価な製品との競合による「価格競争」が18件で初めて要因別のトップとなった。一方、調査開始時から要因別の首位が続いていた「コスト高」は11件に減少。東京商工リサーチは「ここ数年で急激に進んだ中国でのコスト高騰を織り込んだ経営が浸透してきたとみられる」と分析している。

一方で東京商工リサーチは、米中貿易摩擦の影響を懸念。不透明な米中関係を背景に、今年のチャイナリスク関連倒産が3年ぶりに増加に転じることが危惧されると警戒感をみせた。


関連国・地域: 中国-全国日本米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

サムスン、折り畳みスマホ発表 大手では初、4月に発売へ(02/22)

大湾区綱要のシンポ開催 構想の可能性や取り組みを説明(02/22)

「じゃぶじゃぶの金融緩和」否定、李首相(02/22)

東莞の固定資産投資、5年で1兆元規模へ(02/22)

所得拡大に目標値、約20省区市が設定(02/22)

米中、決着へ6覚書作成(02/22)

中国企業の海外投資、1月は92億ドル(02/22)

規制サンドボックス、年内に100件以上選定(02/22)

ララムーブ、シリーズDで3億ドル資金調達(02/22)

銀行各行、大湾区地域で新事業模索(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン