11月の海外送金受取、2.8%増の23.3億ドル

フィリピン中央銀行は15日、2018年11月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)が、前年同月比2.8%増の23億2,600万米ドル(約2,530億円)だったと発表した。カナダや米国からの送金の伸びが全体の成長をけん引した。 1~1…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

首都圏の経済区新設凍結、BPO産業に打撃(18:20)

職業上の安全に関するILO条約を批准(18:20)

BMWがマカティで商談会、国内26社が参加(18:20)

テイクオフ:当地にいると、「普段は…(06/24)

海洋ごみ減で連携、宣言採択 ASEAN首脳、「3R」推進も(06/24)

日系通信IPSが5G展開へ 周波数獲得、家庭向け開拓も(06/24)

IPS宮下代表「マニラ注力で食い込む」(06/24)

グローブが来月5Gサービス開始、東南ア初(06/24)

自動化で職業訓練どう変化、当局が調査へ(06/24)

税制改革の現状を解説、みずほ銀セミナー(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン