財閥チップモンが複合開発 投資額1.5億ドル、米ホテル入居

カンボジアの大手財閥チップモン・グループは14日、首都プノンペンで45階建ての複合ビルの開発に着手した。投資額は1億5,000万米ドル(約162億7,000万円)で、2022年の開業を目指す。ホテルブランド大手の米マリオットが入居し、ビジネスと観光の双方で需要を開拓していく。 …

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産サービス


その他記事

すべての文頭を開く

中国軍による基地使用報道、首相が否定(07/24)

介護「特定技能」試験、ヤンゴンで初開催へ(07/24)

中央銀行、決済アプリの試験運用を開始(07/24)

高層サービスアパート、首都で営業開始(07/24)

印ゴーエア、プノンペン直行便を就航へ(07/24)

住友電設が現法、メコン強化(07/24)

カナディア銀、上場企業に優遇サービス提供(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

シアヌークビル―中国直行便、開設相次ぐ(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン