• 印刷する

建設需要、今年も引き続き堅調の見通し

シンガポールの建設需要は今年も引き続き堅調に推移する見通しだ。建築・建設業管理局(BCA)は14日、2019年の建設工事受注額が270億~320億Sドル(約2兆1,700億~2兆5,700億円)になるとの予想を示した。18年の実績は305億Sドル(速報値)だった。

19年の建設工事受注額の内訳を見ると、公共部門が165億~195億Sドルと全体の約6割を占める見通し。18年は184億Sドルだった。大規模なインフラ開発案件などがけん引役になるとみられる。

民間部門は105億~125億Sドルで、18年下半期(7~12月)に一括売却されたコンドミニアムなどの再開発や、新たな工業用地の開発などが需要を下支えする見込み。18年は121億Sドルだった。

19年の完成工事高は全体で280億~300億Sドルと予想されている。18年は270億Sドルだった。

BCAは、今後も建設需要は中期的に安定して拡大基調をたどると予想。建設工事受注額は20~21年に年270億~340億Sドル、22~23年には同280億~350億Sドルになるとの見方を示した。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界空港ランキングで上…(06/26)

今年の日系企業昇給率3.34% 18年と同水準、賞与はやや減少へ(06/26)

明治屋が16年ぶり新店舗、他国への足掛かりに(06/26)

ASEANの非関税障壁、3分野で多く(06/26)

データ分析のトラックス、米企業を買収(06/26)

シンガ通信会社サークルズ、台湾で事業開始(06/26)

アプリでプリペイド登録可能に、通信最大手(06/26)

セメントICG、アフリカ同業買収の認可下りず(06/26)

ガス供給ユニオン、取引業者火災の影響調査(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン