保護デバイスの興勤、高雄楠梓工場を拡張

保護デバイスを手掛ける興勤電子(シンキング・エレクトロニック・インダストリアル)は14日、高雄市楠梓区の加工出口区(輸出加工区)楠梓園区にある既存工場の拡張計画を発表した。投資額は7億3,300万台湾元(約25億7,700万円)で、主にパッチ型レジスターを量産する。中央通信…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台北駅地下の台北地下街…(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

上期輸出受注が7%減に 米中摩擦響く、8カ月連続減(07/23)

仁宝、インドネシアへの投資を検討(07/23)

3大中核技術を強化、鴻海の新董事長(07/23)

交通ビッグデータ産業、5年で規模10倍へ(07/23)

台湾EMSコンパル、製造拠点の設置に関心(07/23)

大江生医が細胞治療参入、3年で業績貢献(07/23)

大成鋼、隆美買収でカーテン市場参入(07/23)

外国人旅行者の税還付、上期は3年ぶり多さ(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン