【中国自動車白書】江淮汽車 販売は不振、合弁が浮上の鍵か

安徽省合肥市を本拠とする中堅メーカーの江淮汽車が、ドイツ・フォルクスワーゲン(VW)をはじめとする複数の合弁事業に活路を見い出そうとしている。足元の販売が落ち込む中、合弁を通じて電気自動車(EV)といった新製品の開発や技術向上などを図り、拡販につなげる狙いだ。…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

日本電産が遊星減速機生産、米中摩擦回避で(16:45)

啓徳の宅地、本土系企業が129億ドルで落札(17:03)

AD課税を延長、EU産の化学物質に(17:14)

テイクオフ:はたして守られるのか、…(06/27)

勃興する植物工場産業(上) 地場社、来年に大規模施設稼働(06/27)

マンダレー、華為との事業提携を見直しへ(06/27)

デモで3万人が来港見送りか 業界予測、本土客など混乱避け(06/27)

18年の常住人口、1位は広東 経済大省に集中、東北は減少続く(06/27)

本土系銀行の解約呼び掛け、条例改正反対で(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン