月面基地の可能性模索へ、今後の観測通じ

【北京共同】中国国家宇宙局は14日、無人探査機「嫦娥4号」が世界で初めて月の裏側に着陸したことを受け北京で記者会見を開き、今後の観測を通じ、月面の科学研究基地建設の可能性を模索すると明らかにした。 会見した呉艶華副局長は、嫦娥5号を打ち上げて月面の試料を採取し、…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

加工製品からアフリカ豚コレラ、複数企業で(17:21)

【書籍ランキング】1月31日~2月6日(02/18)

テイクオフ:英国生まれで中国でも人…(02/18)

日本にもチャンス、アフリカ開銀がセミナー(02/18)

18年のGDP3.2%増に減速 19年は前年下回る見込み(02/18)

現代自、過剰生産が深刻に 中国工場の稼働率は5割以下に(02/18)

米中貿易協議は継続 今週米首都で、期限前合意目指す(02/18)

1月CPIは1.7%上昇、伸び率0.2P縮小(02/18)

鴻海がハイパワーチップ工場、中国済南市に(02/18)

18年の投資申請4割増、FDIは米国が17倍(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン